HOME記事

最新記事

過去の記事一覧

カテゴリ

コロナ対策のゼロゼロ融資、1兆円が回収不能・困難 検査院が指摘

 コロナ下で導入された中小企業向けの実質無利子・無担保の「ゼロゼロ融資」で、政府系金融機関が実施したうちの約1兆円が回収不能または回収困難な不良債権になっていることが、会計検査院の調べでわかった。政府系金融機関のゼロゼロ融資で、焦げ付きの状況が判明したのは初めて。

 貸付金の返済が本格化していることなどから、検査院が2020年3月以降の日本政策金融公庫(日本公庫)と商工組合中央金庫(商工中金)によるコロナ関連の貸し付けについて調べた。総額約19兆円で、ゼロゼロ融資が大半を占める。

 22年度末時点の貸付残高は14兆3085億円(約98万件)。このうち回収不能もしくは回収不能として処理中は1943億円、回収が困難な「リスク管理債権」(不良債権)が8785億円だった。計1兆728億円で、総額の約6%にあたる。

出典:朝日新聞社


コロナ禍で中小企業を支援するために導入された「ゼロゼロ融資」について、会計検査院が調査した結果、約1兆円分の融資が返済不能または困難な不良債権になったことが判明しました。

まず、なぜゼロゼロ融資が導入されたのかを考えましょう。コロナ禍で多くの中小企業が経済的に困難な状況に直面しました。政府はこれらの企業を支援するために、無利子で担保を必要としない融資制度を導入しました。急いで支援が必要だったため、融資の審査が緩くなった可能性があります。

しかし、融資を受けた企業や事業の状況はコロナの影響で急激に変わりました。一部の企業は成功しましたが、他の企業は困難な状況に直面しました。また、融資を行う金融機関もリスクを正確に評価することが難しかったかもしれません。

したがって、この問題を解決するためには、次のことが考えられます。まず、融資を行う際に、信用調査やリスク評価を正確に行うプロセスを改善する必要があります。また、融資を受けた企業の状況を定期的に監視し、リスクを正確に評価する仕組みを強化することが大切です。

政府としては、このような不良債権が発生した場合にどのように対処するかを考える必要があります。中小企業への支援策は重要ですが、その運用とリスク管理についても慎重な対応が必要です。将来の政策決定に役立つよう、不良債権の処理方法や財政への影響についても検討すべきです。

要するに、中小企業への支援策は大切ですが、その運用とリスク管理には慎重なアプローチが必要です。政府、金融機関、企業は連携して、より効果的な支援策の実施とリスク管理を強化するための対策を講じるべきです。そして、今回の問題を通じて学び、将来の危機に備えるための準備を整えることが大切です。

2023年11月09日

オススメ税理士を探す

会社所在地

会社形態

決算月

 設立年(西暦:半角数字)

西暦
匿名見積ツール

最適な税理士が見つかる!
T-SHIEN税理士マッチング

依頼したい税理士業務と希望金額を入力し、匿名で全国の税理士事務所から見積を集めることができるシステムです。送られてきた見積の中から、最適な税理士を選ぶことができます。

税理士事務所検索

全国の税理士事務所を検索できます
ご希望の地域、予算、対応業務やおススメから全国の税理士事務所を検索することができます。税理士事務所によって、こだわりやサービスが違うことはよくあります。税理士事務所に何を依頼したいか明確にしたうえで、活用しましょう。

担当者検索

日本初!全国の税理士事務所の担当者が検索できる!
日本初の全国の税理士事務所の担当者情報を検索できるサービスです。 最初は、所長税理士が対応してくれたけど、業務がはじまったら担当が変わるといったことはよくあること。事前に担当者を選ぶことで、契約後も安心です。

会社設立ひとりでできるもん

はじめての方へ

お役立ち情報

税理士口コミ件数ランキング

1位

上前税理士事務所
(東京都)

口コミ件数:26件

2位

エクセライク会計事…
(東京都)

口コミ件数:25件

3位

三神拓也税理士事務所 (東京都)

口コミ件数:13件

4位

日下会計事務所 (東京都)

口コミ件数:7件

5位

宮永会計事務所 (東京都)

口コミ件数:5件

税理士の方はこちら