HOME記事

最新記事

過去の記事一覧

カテゴリ

消費税の申告件数が1.8倍に インボイス導入後初の確定申告

 消費税のインボイス制度の導入後初めてとなった2023年分の確定申告で、消費税の申告件数が前年の1.8倍になったことが、国税庁のまとめで分かった。

 国税庁によると、個人事業者の消費税の申告件数は前年比86.9%増の197万2千件、申告納税額は9・1%増の6850億円で、ともに過去最高だった。昨年10月のインボイス制度の導入で、免税事業者が課税事業者に転じたケースが多かったとみられる。国税庁は「新たに申告が必要になったのに、申告していない事業者には説明を行い、制度の周知に努める」としている。

出典:朝日新聞社


2023年の消費税申告件数が前年比1.8倍に増加したことは、税理士業界にとっても重要な指標となります。この増加には、インボイス制度の導入が大きく関与しています。税理士として、この動向を理解し、クライアントに適切なサポートを提供するために、いくつかの重要な視点があります。

1. インボイス制度への対応
消費税申告件数の急増は、インボイス制度の導入によるものと考えられます。これにより、従来は免税とされていた事業者が課税事業者に転じるケースが増えました。税理士は、クライアントが制度の変化に適切に対応し、適切な手続きを行うことができるよう、的確なアドバイスを提供する必要があります。

2. 申告漏れの防止
新たに申告が必要となった事業者の中には、制度の変更を把握せずに申告を怠っているケースも考えられます。税理士は、クライアントの義務を正確に把握し、申告漏れを防止するために積極的な指導を行うことが求められます。また、クライアントが適切な申告を行うことで、税務リスクを最小限に抑えることができます。

3. 制度の周知と教育
国税庁が新たな制度を周知する努力を行っていると述べていますが、税理士もその一端を担うべきです。税理士は、クライアントに対して制度の変更や義務について分かりやすく説明し、適切な申告を促す役割を果たします。また、定期的な税務セミナーや勉強会の開催を通じて、クライアントの理解を深めることも重要です。

4. デジタル化への対応
インボイス制度の導入は、税務申告のデジタル化を促進する一環として位置付けられます。税理士は、デジタル化に対応した申告システムの導入や運用方法をクライアントに助言し、効率的な税務管理を支援することが求められます。また、デジタル化により生じる情報セキュリティやプライバシーのリスクにも対応する必要があります。

5. 継続的なサポートの提供
消費税申告件数の増加は、今後も税理士業界において重要な課題となるでしょう。税理士は、クライアントとの信頼関係を築きながら、継続的なサポートを提供することが不可欠です。税務環境の変化や法改正に柔軟に対応し、クライアントのビジネスの発展を支援することが、税理士の役割として求められます。

消費税申告件数の増加は、税理士にとって新たなチャレンジと機会をもたらします。税務環境の変化に適応し、クライアントのニーズに応えるために、税理士は専門知識と経験を活かしたサービスの提供に努めることが重要です。

2024年05月31日

オススメ税理士を探す

会社所在地

会社形態

決算月

 設立年(西暦:半角数字)

西暦
匿名見積ツール

最適な税理士が見つかる!
T-SHIEN税理士マッチング

依頼したい税理士業務と希望金額を入力し、匿名で全国の税理士事務所から見積を集めることができるシステムです。送られてきた見積の中から、最適な税理士を選ぶことができます。

税理士事務所検索

全国の税理士事務所を検索できます
ご希望の地域、予算、対応業務やおススメから全国の税理士事務所を検索することができます。税理士事務所によって、こだわりやサービスが違うことはよくあります。税理士事務所に何を依頼したいか明確にしたうえで、活用しましょう。

担当者検索

日本初!全国の税理士事務所の担当者が検索できる!
日本初の全国の税理士事務所の担当者情報を検索できるサービスです。 最初は、所長税理士が対応してくれたけど、業務がはじまったら担当が変わるといったことはよくあること。事前に担当者を選ぶことで、契約後も安心です。

会社設立ひとりでできるもん

はじめての方へ

お役立ち情報

税理士口コミ件数ランキング

1位

エクセライク会計事…
(東京都)

口コミ件数:25件

2位

上前税理士事務所
(東京都)

口コミ件数:25件

3位

三神拓也税理士事務所 (東京都)

口コミ件数:13件

4位

日下会計事務所 (東京都)

口コミ件数:7件

5位

宮永会計事務所 (東京都)

口コミ件数:5件

税理士の方はこちら